トイレとは

トイレとは日本では便所のことです。人間は生きていくためには必ず排便俳尿はします。人々は生活するにあってとても重要な施設ですということになります。古い書物では『古事記』というものに記されており、施設の下に水を流すタイプで厠(かわや)と記されています。川屋です。ただ、不潔のイメージが強い為にあまり口にする事は良い事とはされず”はばかり”、”手水(ちょうず)”と言われていました。昭和になってくると表現が穏やかになり、最近でもよく聞かれる「お手洗い」「化粧室」と言われるようになりました。また、外国語のでtoiiet(トイレット)がトイレになり、英語のwater closetが最初の頭文字を使ってW.C.と表現することも多くなりました。そして、便所(トイレ)は大きく分けて3種類あります。しゃがんで用をたすもので和式と言われるトイレです。最近で主流になってきている座って用を足す便器様式と最後に男性用便器の3種類があります。便器は水が流れるタイプで水洗便所とそれとは反対で水の流れないタイプポットン便所これは日本で使われてきた落下式便所は後から溜まった汚物を汲み取る方法です。簡易水洗トイレもこのタイプはあまり最近では見られる事は少なくなりました。ただ、地方や田舎に行くまたは下水道の設備が充分でない地域はこの方式が多いです。また世界のトイレで仕切りが無いトイレがあり気候や風土、生活習慣でも違いでいろいろな便所(トイレ)があります。